ガラス容器の種類

ガラス容器は様々な場面で目にする用品となっていますが、多くの特性を持っているので様々な場面で活躍してくれます。
また、特に注目されているのが耐熱性に優れているガラス容器となっており、熱いものを入れても割れてしまうことがありません。
そのため、ホットドリンクを入れるためのカップとしても、開発や製造が行われているので、このようなガラスを活かして様々なデザインのものが販売されるようになりました。
ガラス容器はその他の素材とは異なって、中身が見えることが特徴なので、ドリンクや食品に涼しげや輝きが欲しいというような場合に適しています。
食器や窓ガラスにも活用されているガラス素材の一種となっています。

ガラスには着色が施されたものもあるので、ステンドグラスやインテリア雑貨としても活用されています。
着色するためには、ガラスが液状の状態から作業を行う必要があります。
青や緑、茶、黒、乳白など多くのカラーがありますが、それぞれ配合されている成分が異なっています。
そのため、着色されたガラスを製造する場合は、コバルトやクロム、硫黄などの成分を用意する必要があります。
配合する量によって、色味は大きく異なっているので、製造する業者でも微妙な調整を行いながら他の商品と色を統一させていっています。
このように、自由にガラスの着色を行うことが出来るので、このような技術を活かしたガラス容器が豊富に製造されています。